2016年5月 スウェーデン&デンマーク旅行記:出発~到着

2016年5月にスウェーデンとデンマークに行ってきました。北欧は子供の頃からずっと行きたかった場所なのに、なかなか行くきっかけもなくて、ヘタしたらこのまま一生行かずに終わるかもしれないと思い、思い立ったが吉日ということで行って参りました。

私の父はスウェーデンの会社に勤務していたので、私にとって北欧は物心ついた頃から身近な存在でした。父の同僚のスウェーデン人が家に遊びに来たり、逆にこちらから遊びに行ったり。幼い頃は、横浜の山手にある洋館のような社宅に興奮したものです。特に親しくしていたエウリニウスさんご夫婦は、言葉は通じないながらもよく遊んでもらっていて、親戚のおじさんとおばさんみたいな存在でした。

父は出張でよく北欧に行っていたので、スウェーデンで買ってきてくれた絵本を読んで育ち(どうせまだ日本語も読めない年齢なので絵本に書いてある言語は関係なかった)、スウェーデンの国旗が描かれたトランプで遊び、デンマークの食器でご飯を食べて……。そんな環境で育ったので、自分が一度も行ったことがなくても北欧のことはずっと身近に感じていたわけです。


↓ 実家のスウェーデン絵本コレクション

IMG_0441.jpg



今回の旅行ではできれば北欧4か国をすべて回りたいと思ったのですが、予算的にも時間的にも厳しかったので2か国に絞ることに。まずスウェーデンは外せないとして、残りの1か国をどうしようかと思ったのですが、オーロラとかフィヨルド的な大自然にはあまり興味がないし、ヨーロッパ的な街並みや王宮のようなものに強い興味があることから、デンマークに決めました。

日本からデンマークは直行便があるのですが、スウェーデンに行くにはデンマークで乗り換えるしかない模様。なので疲れているであろう帰国便をスムースにすべく、スウェーデン → デンマークの順で回ることにしました。

選んだ航空会社はスカンジナビア航空。機内食というものには端から期待していないのですが、ここの機内食はとってもおいしくて驚きました。特にこのプレッツェルみたいな生地のパン。機内食のパンって普通は冷たいと思うんだけど、これは熱々で、塩味がしっかりしていて、しかもおかわり自由! あまりのおいしさに当然おかわりしました。チョコレートケーキも濃厚でおいしかったです。チキンもおいしかった。枝豆があっちにもこっちにも(笑)

IMG_7289.jpg



途中、スナックとして出てきたサンドイッチもおいしかった。パンがモチモチで、ハムもちゃんとしたおいしいハムで、ヨーロッパのカフェとかで食べるサンドイッチみたいな味。まさか機内食でこのレベルのパンが食べられるなんて。

IMG_7293_2.jpg 


最後の機内食はこちら。小海老のサラダが普通においしくて、これまたペロリと食べちゃいました。パンもおいしかった。私、すごくパンにうるさいんですよ。ふわふわで甘い日本のパンは苦手で、ヨーロッパの硬くて麦の風味の強いパンが好きなんですけど、そんな私にとってこの機内食のパンはどれも100点満点でした。

IMG_7294.jpg



10時間くらいしてデンマークのコペンハーゲン空港に到着。ここでスウェーデン行きの飛行機に乗り換えます。2時間ほど時間があったので、空港内をブラブラ。コペンハーゲン空港は非常に大きくて、超立派なカフェ、レストラン、本屋、雑貨屋、それから洋服などのショップも充実。ちょっとしたショッピングモールみたいな感じでした。しかもどのお店もオシャレだし、ここで半日くらいなら余裕で楽しく過ごせると思います。

セブンイレブンがあったんだけど、日本のセブンイレブンとは全然違って普通のオシャレなヨーロッパのカフェみたいな感じでした。並んでるスイーツがどれもおいしそうで、思わず購入。通貨はデンマーク・クローネなんですが、19クローネとか25クローネとかがどのくらいなのかよく分からないまま、真ん中右にある17クローネのお菓子をクレジットカードで購入。2016年5月当時のレートだと1クローネは17円くらいなので、17クローネだったら290円ですね。

IMG_7302.jpg



北欧は物価がめちゃくちゃ高いと聞いていたのに、そこまででもないな~と思っていたら大変! 空港の自販機で売られていた500mlのペットボトルのお水とか、Milkywayってチョコレートバーが、300円くらいでした。旅のしょっぱなから物価の高さにビビる件。

それはそうと、空港の中にWHSmith(ダブリュー・エイチ・スミス)を見つけた時はなかなか感激しました。私は学生時代イギリスに住んでいたのですが、このWHSmithというのはイギリスの本屋さんでして、イギリス各地にたくさんあるんです。私もよく利用していました。実に15年ぶりくらいにWHSmithを見ることができて、青春時代の記憶が蘇りました。

IMG_7304.jpg



さすがインテリアと雑貨の北欧。空港内に置いてあるカートがこれですから。かわいすぎて見とれてしまいました。空港の中だけ見ても、どこもかしこもオシャレなデザインのものが置いてあって、テンション上がりました。

IMG_7307.jpg



飛行機も乗り換えて、無事スウェーデン・ストックホルムのアーランダ空港に到着。欧州への入国手続きはデンマークで済んでいたので、スウェーデンでは特に審査等もなくスムーズに空港を出ました。駅はこんな感じ。シンプルだけど、赤い床と黒い柱のコントラストがとてもハイセンスです。

IMG_7320.jpg



電車の窓枠は木だし、ブラインドの引っ張る部分は本革だし、ほんとオシャレ。

IMG_7322.jpg 


電車でストックホルム市外に移動し、ホテルにチェックイン。慣れない街でホテルを探すのに苦労するのもイヤなので、駅から近いELITE HOTEL ALDONというホテルを予約しました。このホテル、本当に満足度高かった。ストックホルムにまた行くことがあるかどうかは分からないけど、もし行くとしたら絶対にこのホテルに泊まりたい。駅からも近いし、部屋もかわいいし、何よりも朝食が素晴らしい!

このホテルには4泊したのですが、早起きが苦手で朝食を抜かしがちな私が、この朝食が楽しみで毎朝がんばって早起きしちゃいました。長旅で眠くても、観光であちこち歩き回って疲れてても、4日間とも朝食はしっかりといただきました。

下の写真が一例なのですが、ブッフェ形式になっていて、好きなものをお皿に乗せます。何周行ったか分からないくらいおかわりしまくりました。パンがどれも香ばしくておいしい! クロワッサンなんてサックサクの焼きたてで、あまりのおいしさに毎朝4つずつくらい食べました(爆)ハムもチーズもおいしいし、あと写真にはないけどスモークサーモンがやたらおいしい! サーモンといえばノルウェーですが、隣国であるここスウェーデンでも最高のサーモンが食べられます。大きくて肉厚で、味が濃くて、毎朝5枚ずつくらい食べました(笑)

IMG_7356.jpg



朝食の話に飛んでしまいましたが、ホテルにチェックインした後は夕飯を食べるため周辺を散策。スウェーデンらしい食べ物っていうとミートボールくらいしかないみたいで。あとはサーモンとかサンドイッチとかパスタって感じ。どうしよっかなーってブラブラしていると、近くに素敵なケバブ屋さんを発見!

IMG_7338.jpg



トルコ料理のケバブはイギリスでもかなりメジャーで、ハンバーガー屋さんと同じくらいケバブ屋さんがあります。だから私もイギリスに住んでいた頃、月に2~3回は食べていたような気がします。イギリスでは法律でお酒が23時までしか提供できないのでパブとかも23時に閉まっちゃうんですけど、ビールを飲んでパブを23時に出た後、ケバブを食べるというのがイギリスでは割と定番です。

最近では東京でもケバブを見かける機会が増えたけど、ラップサンドみたいのばっかだし、味付けもマヨネーズばっかだし、レタスの千切りじゃなくてキャベツの千切りだし、挟んである野菜も少ないし、チリ(唐辛子)はついてないし、全体的に味が優しい感じがします。そこにきてここのケバブはイギリスで食べていたものとかなり似ていました。

スウェーデン式ケバブのメニューがよく分からない私は、小さく切ったパンが下に敷かれているタイプのものを頼んでしまったのですが、味わいは完璧にイギリスで食べていたものだったので、WHSmithに続いて再び心はイギリスに飛び、甘酸っぱい青春時代が蘇ったのでした。

IMG_7337.jpg



腹ごしらえも済んだところで、ホテルの向かいにあるESPRESSO HOUSEというカフェチェーンに行きました。街のあちこちにあって、スウェーデン人にとってはスタバとかドトール的なお店なんだと思いますが、オシャレ度ではレベルが違います。私は部類のカフェ好きで、特に海外に行くとひたすら目についたカフェを試すのですが、スウェーデンは最高のカフェ天国でした。

なんでもスウェーデンは、国民一人あたりのコーヒー摂取量が世界第2位なんだとか。“フィーカ”と呼ばれる伝統的なコーヒーブレイクがあって、シナモンロールを食べながらコーヒーを飲んだりするんだそうです。

とりあえず食後のコーヒーだけ飲もうとカフェに行ったのに、やっぱりスイーツ買っちゃった。機内食で甘いチョコレートケーキを食べて、コペンハーゲン空港で甘くてリキュールの効いたスイーツを食べて、ストックホルムに着いたら下の写真の左上にあるチョコレート・ボールを食べて……。我ながらほんとひどい。

ちなみに通貨はスウェーデン・クローナで、この当時のレートでは1クローナが13円くらいです。だから24クローナのチョコレート・ボールは、312円くらい。このチョコレート・ボールというのは、CHOKLADBOLLと書いてフォックラッドボッルと読むのですが、スウェーデンの代表的なお菓子だそうです。甘くてしっとりしててクリーミーで濃厚なボール型のチョコレート(結構大きい)に、ココナッツフレークがまぶしてあります。

IMG_7341.jpg



下の写真は、ESPRESSO HOUSEから見た、自分の泊まってるホテルです。確かこの写真を撮ったのは夜9時頃なのですが、さすが北欧。この明るさ! 私が昔住んでいたロンドンもこの時期は夜9時過ぎまで明るかったけど、ストックホルムはもう少し遅くて10時くらいまで明るかったです。

IMG_7351.jpg
 


というわけで、出発~到着編ではほとんどが食べ物の話になってしまいましたが、以上です。


関連記事

Sponsored Link