キャロットケーキのレシピ

ニューヨークのハーレムに行った時の記事「2012年11月 ニューヨーク旅行記:ハーレム」にも書きましたが、私はキャロットケーキが大好きなんです。

だけど日本って本当にどこにも売ってないんですよね。たまーにオシャレなカフェで見かけるけど、本当にごくたまーにって感じです。たまーに見つけても、味にパンチが足りないことが多々あり。

じゃあ自分で作ってみようって思ってインターネットでレシピを探しても、やっぱり日本人向けにアレンジされたものが多くて、味が優しすぎるんですわ。キャロットケーキにふわふわ感とかあっさり感とかいらないし。。

なので、欧米風のパンチの効いたオリジナルレシピで焼いてみました。

o0600060012354645474.jpg



材料

にんじん 大1本 または 小2本
バター 70g
砂糖 40g
卵 2個
小麦粉 120g
ベーキングパウダー 5g
シナモン 1g
ナツメグ 1g
クリームチーズ 100g
粉砂糖 20g



作り方

① オーブンは170℃に温めておく。パウンドケーキ型にバターを薄く塗って冷蔵庫で冷やしておく

② 室温で柔らかくしておいたクリームチーズと粉砂糖をボウルに入れて、ヘラでよく練る

③ にんじんをすり下ろす(普通に大根を下ろすみたいに)

④ 薄力粉、ベーキングパウダー、シナモン、ナツメグを合わせる。本当はふるったほうがいいんだろうけど、私は計量カップの中にみんな突っ込んで、左右に軽くゆさゆさっと揺らして混ぜるだけです

⑤ ボウルの中で砂糖とバターをすり混ぜる。泡立て器でもヘラでも使いやすい道具でOK。両方がなじむまでよく混ぜる

⑥ 卵を溶いて、⑤のボウルに少しずつ加えて、全体がなじむまでよく混ぜる。卵は絶対に一気に入れないでください。3~4回に分けて入れてください

⑦ すり下ろしておいたにんじんと、混ぜ合わせておいた粉類を⑥のボウルの中に入れて、ヘラでさっくりと混ぜ合わせる。混ぜる目安は10回くらい。サクッと下から上へ全体をすくい上げるように混ぜる。決してグルグルと混ぜないでください

⑧ パウンドケーキ型に流し入れ、トントンと床に叩き付けて空気を抜いて、予熱しておいたオーブンで170℃で35分焼く。竹串や爪楊枝を刺してみて、生地がついてこなければOKです

⑨ 型から取り出して、荒熱がとれたら②で作ったクリームチーズのアイシングを上に塗って完成



このレシピでは、かなりにんじん多め&スパイス強め&甘さ控えめの味つけになっています。にんじんは水分が多いやつだとべチャッとなるかもしれないので、水分が多そうだったら軽く絞ってから使ってください。

あと、シナモンやナツメグの1gとは、だいたい小さじスプーン3分の1杯くらいです。スパイスが苦手な人は入れなくてもいいです。ほんのり香りを漂わせたいのであれば両方合わせて1g程度でもいいし、シナモンだけでもOKです。だけどやっぱりスパイスがガッツリ効いてるほうが、「ザ・キャロットケーキ!」って感じがすると思います。

甘めが好きな人は、砂糖を70g程度まで増やしてもOKです。私はてんさい糖を使いました。さとうきび由来の砂糖(白砂糖、黒砂糖、三温糖など)は血糖値の上昇が激しいので、私は常にてんさい糖を使うようにしています。お菓子作りだけじゃなく、料理に使う時もてんさい糖です。でも料理にはなるべくてんさい糖も使いません。普段外食が多いので、せめて自分で作る時ぐらいは気をつけないとね。

ちなみに私が使ってるのは、20cmのパウンドケーキ型です。

o0410030812354666948.jpg



小麦粉のみ計量カップで計ったけど、あとは目分量です。お店で売るわけじゃないし、適当に楽しくやりましょう~。パウンドケーキはよほどのことがない限り、失敗はしないと思います。混ぜ方にだけ気をつければ大丈夫。

インスタグラムで加工すると、一気にプロっぽい写真になる!

o0600060012354645477.jpg

関連記事

Sponsored Link