2012年11月 ニューヨーク旅行記:タイムズスクエア

タイムズスクエアとは、マンハッタンの真ん中にあるド派手な繁華街です。ブロードウェイ・ミュージカルがあるところとして有名ですね。あと、大晦日のカウントダウンでも有名ですよね。毎年テレビで中継されてるけど、自分には縁がないと思っていたのであんまり注目して見たことがないです。

ニューヨーク・タイムズの本社があったことからタイムズスクエア(タイムズ広場)と呼ばれているようですが、とにかく本当に賑やかな場所で、ものすごいネオンサインのため夜でも本気で真昼かと勘違いしてしまうほど明るいです。

これは私が撮影した動画。メイン通りではないけど、派手なマクドナルドが気になったので撮ってみた。お馬の警察もステキ。





タイムズスクエアは、下積み時代のマドンナが「私はこの世界で神よりも有名になる」と誓った場所としても知られています。ほかにはスパイス・ガールズの大ヒット曲『2 Become 1』のミュージックビデオでも有名ですね。





このミュージックビデオには、タイムズスクエア以外にもニューヨークの様々な観光スポットが登場していますね。ロックフェラー・センターのスケートリンクとか、ブルックリン・ブリッジとか、ウォール街のビル群とか。今回のニューヨーク旅行で訪れた場所がたくさん映っていておもしろいです。

1996年のクリスマス時期にリリースされたこの曲は(もう16年も経ったのか!)、イギリスでこの年ナンバーワンのクリスマスソングとなり、世界的にも大ヒットしました。ミュージックビデオも、走る車の映像が高速早送りをされているのを背景にメンバーが歌っている様子が幻想的で、大変話題になりました。

ニューヨークに行く前は全然興味のなかったタイムズスクエアですが、旅の後半は毎日かかさず通っていました。特にAeropostale(エアロポステール)というお店が気に入って、そこで洋服を大量買いするのが日課に。Aeropostaleはニューヨークの中にいくつか店舗があって、実はタイムズスクエア店は若干割高なんだけど、品数が圧倒的に多いし、この店舗だけの限定商品が多いのが気に入りました。Tシャツ、スウェット、セーター、ニット帽、手袋、タンクトップ、マニキュアなど合計で30点ぐらい買ったんだけど、それでも3万円程度。発色がいいところが気に入りました。

NY6-1.jpg



そしてタイムズスクエアの目玉の1つ、赤い階段! 正式な名称があるのかもしれないけど、私はそのまま「赤い階段」と呼んでいます。

NY6-2.jpg



階段の頂上から見たタイムズスクエア。

NY6-3.jpg



階段の足もとのアップ。

NY6-4.jpg



この階段、ブロードウェイのミュージカルを格安で買いたい人たちが行列をなす場所でもあります。ここにあるTKTS(読み方はTickets)で、当日あまったチケットなどを半額などの値段で買えるそうです。行列に並ばなくちゃいけないけど、低予算の旅行者や学生さんには嬉しいシステムですよね。個人的には、若いうちにこういうものをたくさん観て感性を磨いたほうがいいと思っているので、お若い方はぜひ並んで格安チケットをゲットしてください。

で、この赤い階段には常に大勢の人が座ってタイムズスクエアを眺めているのですが、なんとここ、1,000人座れるんだって!

この階段、私は絶対に夜に来たかったんです。なぜかというと、Jay Z&アリシア・キーズの『Empire State of Mind』のミュージックビデオが撮影されたのが、まさに夜のこの赤い階段だからです。下の動画の3:18あたりからまさに同じ階段が出てくるでしょ? 人が多くて全然雰囲気が違うけど、一緒でしょ? この地に立つことができて感激しました!





スパイス・ガールズの『2 Become 1』同様、ほかにもいろいろニューヨークの観光スポットが出てくるんだけど、どちらのビデオも一番印象に残るのはやっぱりここ、タイムズスクエアですね。

この『Empire State of Mind』の歌詞は、Jay-Zのラップも彼自身のニューヨークに対する思いが込められていてステキなんだけど、アリシアの歌うサビがまたより一層ニューヨーク愛を感じさせてくれて素晴らしいのです!


ニューヨーク
たくさんの夢が生まれるコンクリート・ジャングル
不可能なことは何もない
あなたは今ニューヨークにいる
ここの道は生まれ変わったような気分にさせてくれる
大きなネオンはインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークに盛大な拍手を!
ニューヨーク! ニューヨーク!



そして余談になりますが、アリシア繫がりということで、赤い階段に行ったあとヘルズ・キッチンに行ってきました。ハーレムで生まれたアリシアは、両親の離婚後にヘルズ・キッチンで育ったそうです。イタリアン・レストランがたくさん並んでる場所なんだけど、イタリア人街というわけではないみたい。でもアリシアのお母さんはイタリア人だし、同じくヘルズ・キッチン出身のアル・パチーノやシルベスタ・スタローンもイタリア系だし、イタリア移民が多い地域ではあるみたい。

ところでヘルズ・キッチンってHell's Kitchenって書くんですけど、「地獄の台所」って意味です。すごい名前ですよね。なんでも19世紀にはアメリカで最も治安が悪い場所と言われていたらしく、暴動の本部として暴力や殺人が頻繁に起こっていたことから「地獄の台所」と呼ばれるようになったそうな。現代は全然普通に平和な場所です。むしろオシャレなレストランがいっぱい並んでいて洗練された感じでした。

そんなヘルズ・キッチンでイタリアンを食べたいと思って、なんとなくおいしそうに見えたこの「Pietrasanta」というお店に入りました。

NY6-5.jpg



アーティチョークのフリット、サラダ、ラヴィオリ、フェットチーネを堪能。ワインも料理もめちゃくちゃおいしくて感動! つけ合わせのパンもおいしかった!

NY6-6.jpg



赤い階段とヘルズ・キッチンとアリシアゆかりの地を連続で楽しめて、アリシアにほんのちょっぴり近づけたような気がして、妙にゴージャスな気分になった夜でした。

ところで全然話が違うけど、タイムズスクエアにはキャラクターの着ぐるみが大量にうろついています。しかも、絶対許可取ってないインチキくさいやつ(笑) マリオの着ぐるみなんて初めて見たわー。

NY6-7.jpg



シュレック、ウッディ、スポンジボブっていう、競合とか何も気にしてない組み合わせが斬新すぎて吹いた(笑)

NY6-8.jpg



そして一番のヒットはこのキティ(爆) 完全に気が緩んでる件。けだるい感じがセクシー。しかもなんとなく機嫌が悪そうな後ろ姿!

NY6-9.jpg



正面から撮れなかったのが悔やまれるわー。正面から見ると、かなり偽物くさくて可愛くない顔なの(笑) だけど撮影してるのがバレたら絶対お金を請求されるだろうなーと思ったので、こっそり隠し撮りしかできませんでした。ニセキティの可愛くない顔を見てみたい人は、Googleで「Times Square Kitty」で検索してみてください。

以上、タイムズスクエア編でした!

関連記事

Sponsored Link