2012年11月 ニューヨーク旅行記:トップ・オブ・ザ・ロック

トップ・オブ・ザ・ロックとは「ロックの頂上」という意味です。「ロックの頂上」、つまりロックフェラー・センターの屋上にある展望台のことです。ロックフェラー・センターとは1930年から建設された複合施設です。世界大恐慌の影響で建築計画が変更され、完成したのは9年後の1939年だそうです。冬はスケートリンクとして使用されることで知られています。あと、あの巨大なクリスマスツリーの点灯式も有名ですね。

当旅行記のエンパイアステートビル編にも書いたけど、夜景はトップ・オブ・ザ・ロックから観るのがお勧めだとガイドブックに書いてあったので、素直にその通りにしました。ニューヨーク最後の夜に行くつもりだったんだけど、最後から2日目の夜、ちょうど夕飯を食べた場所がここから割と近かったので、急遽行くことに。

参考記事:2012年11月 ニューヨーク旅行記:エンパイアステートビル

NY5-1.jpg



点灯式は11月下旬なのでまだクリスマスツリーは見れなかったけど、スケートリンクは見れました。夜の23:00近くだというのに、結構滑ってる人がいてビックリ。

NY5-2.jpg



ちょっとしたイルミネーションはすでにありました。

NY5-3.jpg



展望台に到着したのは、最終入場時間の23:00ギリギリ。ほんと1分前とかそういうレベルのギリギリっぷりで、ダッシュして鼻息荒い状態で入場しました。もうダメって言われるかなーって思ったんだけど、エンパイア・ステートビル編にも書いたニューヨーク・シティパスを見せたらスムーズに入れました。

そしてディズニーランドのアトラクション的な雰囲気のエレベーターで67階まで行くと、早速ガラス越しにステキな夜景が広がりました。だけどやっぱりガラス越しじゃなくて直接見たいよねってことで、屋上となる69階と70階へとっとと移動。

NY5-4.jpg



きれい・°・(ノД`)・°・

エンパイアステートビル編にも書いたように、私は職場も家も高層階なので、夜景は見慣れてるんです。だから悲しいことに、夜景を見てもそんなに感動できなくなってしまって。もちろん普段とは違う夜景を見ればそれなりに感動するけど、それでもやっぱり人よりは感動が薄い気がする。

これ、毎日職場から観てる夜景↓

NY5-5.jpg



だけど今回の夜景には参りました。遠くのほうに光る家の灯りがチカチカチカってきらめいていて、満点の星空みたいだった。思わず泣きそうになっちゃいました。

NY5-6.jpg



そしてこのエンパイアステートビルの素晴らしき存在感! 赤、白、青のトリコロールがオシャレですねー。「ここってフランスだったっけ?」って勘違いしちゃいそうな色合いだけど。何でこの色合いなのかな?

NY5-7.jpg



写真が微妙にボケちゃったけど(まあこの写真に限らず、全体的にピンボケていますが)、クライスラービルも美しかったです。そして遠くに見える街の灯り、まるでが光の海のよう!

NY5-8.jpg



エンパイアステートビルとクライスラービルの両方が収まるように撮影してみたり。アングルの努力をする前に、ピンボケをどうにかしろって話ですね。

NY5-9.jpg



ひときわ眩しく輝いているエリアはタイムズスクエアです。ブロードウェイのミュージカルとか、いろんなショップやエンターテインメントがわんさかある場所。この眩しさからも想像がつくように、夜なのに昼間だと勘違いしちゃうくらい明るいエリアです。

参考記事:2012年11月 ニューヨーク旅行記:タイムズスクエア

NY5-10.jpg



これは……どこだっけ? とにかく素晴らしい夜景!

NY5-11.jpg



カメラもポンコツなら、カメラマンの腕前もポンコツだというダブルパンチで悲惨な結果になってますが、これは確かマンハッタン・ブリッジだったような。

NY5-12.jpg



とにかく遠くに見える街の灯りがチカチカと瞬いていたのが美しくて、何時間でも眺めていたい気分でした。閉館時間が来たので追い出されちゃったけど。あと1時間早く来ていたら、もうチカチカの海に心ごと呑み込まれてしまいそうなくらい見つめ続けていたと思います。

そのチカチカしている様子を動画に収めてみたんだけど、お察しの通り上手に撮れませんでした。嘘くささが半端ないですが、それっぽくGIFアニメを作ってみたのでイメージだけでもご堪能ください(笑)

NY5-13.gif



一応動画のほうもアップしておきます。ちょっと修復工事中の音がうるさいかもしれないです。GIFアニメのほうが明らかにチカチカ具合が肉眼で見たときのイメージに近いですが、一応リアルなほうもご覧いただければと思います。



関連記事

Sponsored Link