2017年9月 広島旅行記:宮島編

2017年9月1日~2日、一泊で広島に行ってきました。以前から「日本人なら一度は原爆ドームを訪れなければ」って思ってたんだけど、映画『この世界の片隅に』を観て、原作の漫画も読んで、ますます行ってみたいという思いが強まりました。


この世界の片隅に [DVD]



この世界の片隅に [原作コミック]



広島と言えばやはり原爆ドームだけど、もうひとつ外せないのが宮島(厳島)ですよね。海の中にそびえ立つ大鳥居も、やはり日本人としては一度は見ておきたいスポットではないでしょうか。今回の旅行記は「宮島編」と「平和記念公園編」の2つに分けてお届けします。1日目に宮島を訪れ、2日目に平和記念公園(原爆ドームのあるところ)を訪れたので、まずは「宮島編」から!

私は羽田空港から飛行機で行きました。東京からだったら新幹線よりも飛行機のほうがラクだと思います。国内線なら30分前に空港に着いてればいいし、飛行時間も1時間20分くらいで、広島空港からのアクセスも簡単です。広島空港からは、原爆ドームのすぐそばにある「バスセンター」行きのリムジンバスで移動しました。7日間有効の往復チケットが2,420円で、所要時間は50分です。

バスセンターはそごうの中にあります。広島土産もそこそこ売ってるけど、広島空港のほうがたくさん売ってるので、帰りはちょっと早めに空港に行くといいかもしれません。バスセンターを出て2分も歩くと原爆ドームに着きます。原爆ドームについてはこの次の記事に書きますね。

原爆ドームをそのまま川沿いに進むと、宮島行きのフェリー乗り場があります。宮島への行き方はいくつかあるのですが、お金よりも時間を短縮したい方はここから一気にフェリーで行くのがいいです。片道2,000円、往復3,600円で、所要時間は45分。電車を乗り継いでいくよりもずっと簡単だし早いです。

こちらがフェリー乗り場。

201709_Hiroshima (1)



乗り場のすぐ手前に超オシャレなカフェがあるのですが、それについては「平和記念公園編」で紹介したいと思います。そのカフェも、広島を訪れたら必ず行きたいスポットです。

フェリーに乗ること45分。最初の10分くらいは川を渡って、それから海に出ます。運航表などの詳細はこちらのページでご確認ください。
 201709_Hiroshima (2)



宮島に着いてフェリーを降りると、いきなりこんなレトロで味わい深いゴミ箱が! 乗り場近くのカフェで買ったジェラートを食べながらフェリーに乗ってきたので、こちらのゴミ箱にゴミをポイッとしました。
 
201709_Hiroshima (3)



そしてさっそく鹿に遭遇。
  201709_Hiroshima (4)



私はあまり事前に宮島の情報を調べずに行ったので着いてから知ったのですが、宮島には鹿が多く生息しています。可愛いの一言では片付けられない様々な事情はあるようですが、私が感じた印象としては、商店街を普通にウロウロしている様子がシュールで可愛かったです。ほんとどこを歩いてもそこら中に鹿がいて、なかなかおもしろかったです。

201709_Hiroshima (6)



こちらは平清盛像。私は歴史に大変疎いため、説明は割愛。

201709_Hiroshima (5)



ここでようやくランチ。広島はアナゴと牡蠣が有名だそうで、宮島に来たらアナゴ飯は絶対に食べたほうがいいとのこと。私は「梅山」というお店で食べました。写真左がアナゴ飯で、右が牡蠣飯です。
  201709_Hiroshima (7)



アナゴ飯はうなぎに比べると身が固くて、個人的にはまあまあでした。そもそも私はそんなに魚類に関心が高いほうではないので、元々アナゴが好きという方の感想を聞いたほうが良いかと思います。

牡蠣も本当に有名らしく、商店街を歩いているとどの食堂もこんな感じで妬き牡蠣を販売していました。食べたかったんだけど、お腹が結構いっぱいだったし、あっちの店のほうがおいしそう、こっちの店のほうがおいしそうとか迷ってるうちに、厳島神社に着いちゃって食べそびれました……。
 201709_Hiroshima (8)



厳島神社までの道のりは、両脇にビッシリ並ぶ商店街でお土産を見るも良し、レトロな街並みを楽しむも良し。脇道がまた情緒があって素敵でした。
  201709_Hiroshima (9)



途中、なんか立派なしゃもじが。お土産屋にもたくさんしゃもじが売ってるし、ずいぶんしゃもじ推しの街だな~と思っていたら、宮島ってしゃもじ発祥の地なんですね! そして日本一の木製しゃもじの産地でもあるそうです。文字の入ったしゃもじが宮島で人気No.1のお土産なんだとか。
 201709_Hiroshima (10) 201709_Hiroshima (11)



商店街を抜けると、見えました! かの有名な大鳥居!
 201709_Hiroshima (13)



時間も時間だったので、なるべく早くこの先にある厳島神社に行かないといけなかったんだけど、どうも大鳥居が素敵すぎて、何十枚も写真を撮ったり、じーっと眺めたりと、なかなかこの場から動けませんでした。あとで写真を見たら鳥居の写真だらけでしんどいだろうなーと思いつつ、何回も撮ってしまいました。

しばらく鳥居を堪能した後、その先にある厳島神社へ。こちらは拝観料が300円で、当日中であれば何回も再入館可能です。出口が割と野放しというか、あっさりと出口なので思わず逆走してしまいそうになりますが、再入館したい場合はもう一度入口に戻りましょう。

満潮時と干潮時で違った顔を見せる厳島神社。できれば両方の姿を見るべし!
 201709_Hiroshima (13-2)

201709_Hiroshima (15)



まあとにかく赤くて綺麗で立派な神社です。外国人観光客もものすごく多かったですが、この神社は日本人でも外国人でも感動できる美しさなのではないでしょうか。この時は干潮時だったので、地面が普通に見えていますが、場所によってはワカメがごっそりありました。
 201709_Hiroshima (15-1) 201709_Hiroshima (15-2) 


めっちゃ反ってる橋。こんなん渡れないわー(笑)

201709_Hiroshima (21-2) 


ゆっくりと時間をかけて神社を拝観しました。ところどころでお賽銭を入れて参拝したり、神社の美しさを堪能したり、神社から見える大鳥居や海の景色を楽しんだり、じっくり回ると結構時間が掛かります。

そして出口を出ると、またしばらく鳥居を眺める。最初に見た時とは逆の角度からの眺めです。なんて厳粛な姿なのでしょう。

201709_Hiroshima (22)



神社の周りを歩いていると、昭和なポストが。世代によってこれを懐かしいと思うか思わないかでパックリと分かれそうですが、私はもちろん懐かしいと思う世代です。このレトロ感、かなり好き。周辺の日本式の建物ともよく合っています。

201709_Hiroshima (24)



そのまま先に進むと、とても趣のあるカフェを発見。古さとモダンさが融合した、なんともオシャレなデザインです。こちらのカフェは「伊都岐珈琲(いつきコーヒー)」といって、宮島では名の知れたお店なのだそうです。

    201709_Hiroshima (25) 201709_Hiroshima (26)



伊都岐珈琲はアイスコーヒーもおいしかったし、八天堂とコラボしたクリームパンもおいしかったです。宮島の中に店名がちょっとずつ違った関連店がいくつかあるようですが、私が行ったのは「伊都岐珈琲」の名前でやってるカフェです。

そうそう、このカフェに入って気づいたのですが、八天堂も広島なんですよね。広島って何気に有名なお店や会社が多いですね。自動車のマツダも広島ですし。

スイーツも食べたことだし、また散歩でもしようと思って歩き出したところ、だいぶ潮が満ちてきたようでさっきよりも神社が浸かってる!(いや、浸かるって表現はおかしいか……)
 201709_Hiroshima (27)



ってことで再入場。閉館時間ギリギリだったため、大慌てでグルッと回ることに。神社がめっちゃ浸かってます!
 201709_Hiroshima (28)



この下の写真は、さっき干潮の時に撮ったものと今回の満潮時に撮ったものを比較したものです。左が干潮時で、丸い池のところが鏡みたいになっているので「鏡の池」と名付けられています。右が満潮時で、鏡がすっかり隠れています。
 201709_Hiroshima (29-1)



こちらも比較写真。左の時は潮が少しずつ満ちて水が入ってくる様子を見ることができたのですが、右の時はもう完全に神社は水の中。左の時は鳥居だけが浸かってるけど、右だと全体が水の中にあるため、神社と鳥居が一体化しているように見えます。
 201709_Hiroshima (30-1)



夕焼けと神社のコントラストが幻想的!
 201709_Hiroshima (33)



夕焼けがとても美しかったので、乗ろうと思ってたフェリーを一本遅らせて、日が暮れるまで見届けることにしました。「はぁ~綺麗だな~」って思いながら鳥居を眺めていると、いきなり鹿が後ろからどついてきてビックリしたりして。別の鹿が近くにいた外国人観光客の持ってた紙袋も食べようとして「Oh my god!」って叫ばれてたりして。美しい景色を静かに堪能したり、騒いだり。
 201709_Hiroshima (34)



完全に日が暮れると、ライトアップされて大鳥居がくっきりと浮かび上がりました。夕焼けの美しさとはまた印象が違い、ひっそりとたたずむ姿が厳かです。波の音を耳でも楽しみながら、とても崇高な時間を過ごしたような気がします。
 201709_Hiroshima (36)



この時間になるとフェリーの本数が少なくなるので、急ぎ足で乗り場へ。ちなみに行きに乗ってきた平和記念公園から直通のフェリーは夕方で終わりなので、住民の普段の脚としても使われている船で宮島口という駅まで行き(所要時間10分ほどで料金は180円)、そこから電車で戻ります。ちょっと遠回りになるけど、料金は断然安いです。

とにかくフェリーの時間に間に合うべくせかせかと歩いていたら、また鹿が。夜にシャッターが下りた商店街に、鹿が何頭もウロウロしています。最初のほうと繰り返しになるけど、鹿に関してはいろいろと問題もあるようで複雑な心境です。なんとか宮島の鹿が幸せに生きていければいいのですが。
 201709_Hiroshima (37)



フェリーで宮島口駅に行き、JRに乗って、途中で路面電車に乗り換えました。そうなんです。広島市には路面電車が走ってるんですねー。しかも車両がこんなにレトロ! 宮島の家とかポストとかもレトロで素敵だったけど、この路面電車も負けてない!
  201709_Hiroshima (38)

201709_Hiroshima (387)



最新型の路面電車も走ってたけど、観光客の目線としては、やはりこのレトロなのが味があっていいですよね。 普段使ってる人には最新型のほうがいいんでしょうけど。

このあと広島で有名な「陽気」というラーメン屋に行きました。広島ラーメンと言えばこのお店なんだそうです。1950年代後半に屋台で創業し、1957年に店舗を開店したという、そうとう歴史のあるお店。3つ店舗があって、私は大手町店に行きました。評判通り、めちゃくちゃおいしかった! ちょうどいいこってり具合で、細い麺がツルツルと入っていきます。星5つ!

201709_Hiroshima (388) 


っていう感じの広島旅行1日目でした。「宮島編」としつつ、路面電車と陽気はオマケで載せました。どう? 広島と宮島に行ってみたくなったでしょ?(笑)次の「平和記念公園編」もお楽しみに!

宮島に関してはInstagramにも写真を複数枚アップしました。文字を入れて日記風にして。良かったら見てやってください。写真に右に進むマークが出ると思うので、それを推すと次の写真に進みます。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。